So-net無料ブログ作成

ナリオットvs新聞屋さん [スタッフの休日]

Narioです [わーい(嬉しい顔)]

今日から、ナリオット(Narioの夫)の珍事を紹介します。
一応、堅い仕事に就いていますが、顔と言葉使いは、ソノ道の人っぽい。
だから、初対面の人は殆んど、避けます、逃げます、降参します ((((( ・ ・;)

ある日、我が家に新聞屋さんが勧誘に来ました。
半年に1回、A社とY社の新聞に変更するナリオット。
その度に洗剤など、お願い(丁寧に言うと)しているみたい。
「まぁ~勝手にどうぞ、私に害が及ばないように」だけ頼みました。

新聞屋さん 「集金に来ました[exclamation]
私 「朝刊しか頼んでないのに、夕刊が続けて入っていたけど・・・大丈夫?」
新聞屋さん 「はい。ご主人さまより指摘があったので、今は入れていません。」
私 「ってことは、この料金は朝刊だけですよね?」
新聞屋さん 「・・・はい。」
その間が気になる[目]
私 「それならいいです。ただ、主人が怒っていたから気になってね」

と言った瞬間、新聞屋さんは後退しいく[あせあせ(飛び散る汗)]「入ってません」
また、一歩下がって「入ってませんから[たらーっ(汗)]
「本当に入ってません[ダッシュ(走り出すさま)]」と呪文のように呟いて帰って行った。

何でしょう、アノ慌てた様子は[がく~(落胆した顔)]
「主人」と言っただけで、そんなにビビることもなかろうに[バッド(下向き矢印)]
本当はね[わーい(嬉しい顔)]焼き鳥1本さえ、値切ることも出来ない人なんです[るんるん]

Nario
http://sunhomenet3221.com/index.html
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。