So-net無料ブログ作成

文字通り ゆるゆるな [アウトドア]

去年チャレンジした浜名湖一周78kmは
  ~レースではありません。ゆっくり走るサイクリング大会です~

・・・・ところが、その現実は、
時間制限あり アップダウンふんだんのハイレベルなコース
しかも強風雨の中の過酷なレースで、タイムアウト寸前でゴール

「今年はそのリベンジ!」 
                 というのがフツーの流れ  ですよね。。

ところが、リベンジに燃えているとばかり思っていた友人からの出走指令は 
 ゆるゆる遠州ガイドライド ユルユルtop.jpg

ステージアップ、いや せめてリベンジ  の期待を見事に裏切り[バッド(下向き矢印)]
 こともあろうか ”ご当地ゆるキャラと走ろう!”的なネーミング

「姉夫婦も参加するから」という彼の言い訳に 無理矢理納得させられての参加

新東名のおかげで、掛川市役所7時半集合にも 余裕の到着[車(セダン)]

「ガイドライド」とは、ガイド付きの少人数制サイクリングツアーで、
日本では初めての試みとのこと   つまり観光チャリツアー

コースは掛川市役所から遠州灘まで南下して戻ってくる55km

途中、 メロン農場・銀座千疋屋直納の苺屋・キウイフルーツカントリー と
ご当地おすすめのフルーツを おもてなしされたものの
バスツアーと違って 自転車じゃお土産を詰めないので 誰一人買わないという 
なんとも 農園には申し訳なく、こちらとしても不満が残るシステム

コース自体は、終盤約15kmのノンストップがあったものの、
登り坂以外は、ほとんど先頭のガイドと併走できたほどの ゆるゆる度
yuruyuru2[1].png
  浜岡原発を遠望する 歩行者専用潮鶴橋にて
走り終えて、気付いたことは、ゆるゆるだったからなのか、
参加者の年齢層が高く、去年の浜名湖と違い 風貌面では全く負い目も感じなかったこと。
ただ、シニアサイクリスト達のマシンが高価そうなこと!この点では思いっきり負い目を感じた。

詳しい彼が言うには、 ブレーキシステムで10何万、ボディで20数万とか
つまり30万、40万の自転車がズラリ
こちとらの オークションで8000円の見せかけローバーとは 大違い

そう言われてみると、ツアー中、そこかしこで マシン談義が花開いていたけど、
誰一人として、俺のマシンに声を掛けてきたのがいなかったわ
    当然か。。

何はともあれ 楽しく完走!
yuruyuru1[1].jpg
   
まともな走行画像は これのみ

一番盛り上がっていたのは、ツーリングイベントに初参戦した友人姉夫婦
折りたたみのミニバイクで参加したにも関わらず 全くへこたれて無く
「今度6月に軽井沢でレースがあるの~、行きましょうよぉ」と
すでに心は次の戦いに。。    
 おい弟よ、 太ももマッサージしてる場合じゃないぜよ! 

   KOTARO[眼鏡]









nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

nori3

私、ゆるゆると一緒に走ったその友人です。
当日はあわただしく帰ったので反省会ができませんでしたね、すみませんでした。

さて、5月には “アルプスあづみのセンチュリーライド”というサイクリング大会に参加してきます。
  http://www.aacr.jp/index.html
なんと無謀にも160kmコースにエントリーしております。
(途中のコース変更OKなので引き返して来そうな予感あり)

ロングライドをできるだけ楽に走るには・・・やはりマシンの性能でしょう!
ってことで、ロードバイク買ってしまいました。
今度はエントリーモデルではなく、中級レベルのものだから自転車談議に参加できます。また改めて紹介しますね。
GWにはその練習を兼ねて琵琶湖一周など目論んでおります。
では、また。

nori3
by nori3 (2013-04-19 22:14) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。