So-net無料ブログ作成
検索選択

里山の春、出会いの季節 [季節の便り]

日々 街中で仕事をしていると、季節のとらえ方は

「アッチーな」とか「ジメってる」とか 直接身体に現れることばかりで表現しがちだけれど、

せっかく四季二十四節気に恵まれた日本で暮らしている我々、

もっとセンスある表現をしてみたいもんですね。

自然の中で生活している植物や動物は ほんの些細な変化も敏感に感じ取って行動する。

それを目で耳で感じることこそが 自然観察の楽しさだと思ってます。

で、いつものフィールド青葉区寺家に 夜明けとともに出没[晴れ]

DSCF3739.JPG

自然が豊かと言ってもそこは横浜市、休日にはたくさんの人が押し寄せているので、

ここの生き物は ちょっとばかり神経質で気難しい 釣り用語で言うと スレています。

4月頃から この里山では 2種類のカエルが鳴きはじめる。

シュレーゲルアオガエル(こんな名前だけど、れっきとした日本固有種)とニホンアマガエル

産卵の時期が早いシュレーゲル(以下サトアオガエルと命名)は 水を張り始めた田んぼの周辺

田植えの時期に産卵するアマガエルは、奥の林の中。

気候の変化だけでなく、人間の営みまでも感じて、産卵行動を起こすんです。

でも 盛んに声はするが、姿を見ることはめったになく、これが、他の地域なら

簡単に見つけられたりするんだけど。。。    ・・・寺家のカエルは ほんとうにスレている。

そんな中でも のんきというか とってもオープンなサトアオガエルのカップルがいました。

DSCF3732.JPG

あらあら、恋の季節とは言うけど、周囲をはばからず大胆に、、 なんとも微笑ましい[黒ハート]

この光景もこの先、ずっとずっと残っていてもらいたいものですね。

20年前にはまだまだいた 希少種のホトケドジョウ、

それに、コオイムシ、タイコウチといった水棲昆虫達、いまは全くみかけません。[もうやだ~(悲しい顔)]

kotaro[眼鏡]


同窓会ですか? [スタッフの旅行記]

GW、大学時代の仲間と箱根で一泊[いい気分(温泉)]
宿のおかみさんから「いいですねぇ 同窓会ですか?」と 
 「はい 大学のクラスメイトです」
   「あらぁ」 

大学の仲間といって思い浮かばれるのは、部やサークル、ゼミ、
大学でクラスとは よほど予想外だったらしい反応 

そんなクラスメイト達ともう35年の付き合いになる。
毎年 2、3回 GW、夏休み、正月と 飲み集まりはあるが
揃っての旅行は ほんと久しぶり
当初12人の予約も、GWの真っただ中 最終的には皆勤賞のメンツばかりの7人

3日11時という 午前中に箱根湯本駅の集合にしたのも、
飲み食いだけじゃないぞと、それぞれ企画を持ち寄って。。

初日は
 まずは 箱根の歴史と風俗を「箱根町郷土資料館」で学び
 芸術と文化については「彫刻の森美術館」で吸収する。[リゾート]
彫刻の森.JPG
   ピカソ館だけで充分盛り上がる

日頃運動不足の面々には 充分過ぎる運動量をこなしたため、
早々に、今夜の宿 箱根宮ノ下温泉「晴山荘」へ
旧箱根御用邸を改築・移築した由緒ある建物で、今回の大人旅には最高のロケーション

大広間には お宝鑑定団に登場しそうな美術品や工芸品
それらに囲まれても いつのまにか大学時代のノリへ
ごちそう.JPG
他のお客さんは早々に各部屋に退散したのか  いつの間にか我らだけ。。

翌日はGWの混雑を予想して、登山鉄道、ケーブルカーなどで
移動する計画だったが、
多数決により、運転手以外が楽チンな車移動

クラフトハウスで陶芸教室に参加し、各個人の芸術的センスを披露しあい
おじさん.jpg
  作者自画像

陶芸1.jpg
  独創性は求めず

次に箱根といったら 絶対に外せない大涌谷へ
しかし案の定、大涌谷に向かう道は 渋滞どころか 駐車場状態[ふらふら]
富士山の絶景をあきらめ、Uターンして元箱根へ

箱根神社、東海道杉並木、箱根関所 と 大人旅らしく 歴史にも触れ
楽しくも とても充実した2日間になりました。
杉並木.jpg
ヒザが開いたオッサン歩き

九頭竜様.jpg
最強のパワースポット 九頭竜様
   
 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。