So-net無料ブログ作成
検索選択
小鳥のいる暮らし ブログトップ

わしは、ピー助じゃ [小鳥のいる暮らし]


妹宅からピー助爺さんを預かってきまいした(黄ハル♂)
たしか12才くらい、人間でいうと90歳過ぎたあたり[わーい(嬉しい顔)]数日間、お泊りです。

我が家に到着して、まず偵察に来たのはキィちゃん(2才♂)↓
DSC_0086.jpgDSC_0087.jpgDSC_0088.jpg
器用にカゴを滑り落ちて正面で「ホヨッ♪」、10ケ月ぶりの対面です。
お爺さんと孫ぐらいの年齢差です。

放鳥中、視察に来たのは蓮くん(6ケ月♂)
DSC_0104.jpg
特に関心は無いようだが、ピー助爺さんの尾羽を狙っているようです。
こちらは、玄孫(やしゃご)ぐらいの年齢差になる。。。

気付いたら、みんなに詰め寄られて困るピー助爺さん
DSC_0112.jpg
いつも、一羽だから群れて嬉しいような、騒々しいような
困って私の頭に飛んで助けを求めてきます[ふらふら]

みなさん、お年寄りは労わりましょう。

Nario[わーい(嬉しい顔)]

奈津ちゃん抱卵中 [小鳥のいる暮らし]

奈津ちゃんが巣を占拠して15日が経ちました。
あと数日で「・・・ヒヨ♪」と、聞こえてくるはず[耳]

コピー ~ P7150072.JPG
まだ生後8ケ月の奈津ちゃんが、子持ちになる。
子供が子供を産む?どこかで聞いたフレーズだな[たらーっ(汗)]

ちなみに、奈津ちゃんの相手は ↓ この方(右)

コピー ~ DSC00294.JPG
我が家の伝説インコの次男、プリンちゃん。
スパングルとパイドの交配で誕生するヒナは、何柄になるでしょう。
プリンの父は、ルチノー(赤目)、姉は、アルビノ(赤目)、その他はオパーリンでした。

まぁ~何色の何柄でも、元気に育ってくれれば大満足です[黒ハート]
あとは、うちの旦那に「トリ」と命名されるのを阻むのみです。

Nario [わーい(嬉しい顔)]

新入りがやって来た [小鳥のいる暮らし]

年が明け、すっかり不動産業界は繁忙期に突入です。
そんな中、弊社に新入社員が3人仲間入りしました。
一生懸命に仕事を覚えるため、忙しく飛び回っています。

そして、そして、我が家にも新入りインコが仲間入りしました[黒ハート]

こちらも毎日、飛び回っています。
コピー ~ P7150046.JPG

名前は、奈津(♀)と蓮(♂)です。
ペットショップで奈津に惚れて、衝動的にお迎えしました。
スパングルは、初めてなので不安でしたが、とても頭の良い子です。
蓮は、パステルが綺麗で顔立ちがハンサムだったので
つ・い・でにお迎えしました。
パイドかと思っていたら、獣医によるとバイドとオパーリンとハルクインと・・・・ゴチャ混ぜですね。
逆に珍しいと言われました。よく見ると、チークが希少なタイザーなんです(だから買った!)

また、小鳥レポートします。
繁忙期の後になったら、すいません。

Nario [わーい(嬉しい顔)]

小鳥達のお盆 [小鳥のいる暮らし]

残暑お見舞い申し上げます。
日頃より弊社をお引立て下さいまして、ありがとうございます。
8月17日まで夏期休暇を頂いておりました。
本日より通常営業しますので、今後とも宜しくお願いすると共に
みなさまのご健勝をお祈り致します。

コピー ~ M9C06000.jpg

さて我が家では毎年、亡くなった小鳥達のために「迎え火」を行っています。
今年も8月13日に家族で行いました。

最近では、なかなか近所で見る機会も減りました。
近年の住宅事情なども関係があるかと思います。
マンションなど集合住宅では、出来ないでしょうし[たらーっ(汗)]
広い庭があるとか、事前に近隣に声を掛けておくとかしないと
煙がモクモク上がるので、トラブルになる可能性があります[バッド(下向き矢印)]
我が家は、どうしたか・・・内緒です[exclamation]

川崎は、新盆なので7月に行う事が一般的。
昔は馬や牛を瓜と茄子で作ったりしたそうですが、今はホームセンターに行けば一式売ってます。
それに小鳥達が好きだった食べ物をお供えすれば準備完了。便利な世の中になりました。

ちなみに
8月16日の「送り火」は、行っていません。毎年恒例なんです。
理由は・・・また内緒[exclamation×2]

[もうやだ~(悲しい顔)] Nario

背黄青鸚哥-チョコ [小鳥のいる暮らし]

セキセイインコのチョコです[るんるん]

20050424 074.jpg
オパーリン・グリーン 7才 ♂
自宅繁殖の二期生三男、メタボ(肥満)と甲状腺腫れで通院中[病院]
性格:甘え上手、嫌でも噛まずに堪える

その性格の理由は ・・・ 母インコに育児放棄されたから[あせあせ(飛び散る汗)]

NEC_0018.jpg  NEC_0092.JPG
末っ子なので巣箱から誘拐した時は、まだ生後1週間。
こっこれは、セキセイか?それとも小さなダチョウか??

チョコッポプリ.jpg
少し成長しても兄弟の上下関係は、変りません。
体の大きさも、鳴き声も兄ちゃんのほうが上。チョコの「お腹空いた」は、母インコに届かない。
いたたまれず[がく~(落胆した顔)]おやつを与えても兄達に占拠され、近くで群れているフリ・・・なんて不憫な子(;><)

そんな不憫なチョコに愛の手を差し伸べたのは、自宅繁殖一期生の姉と兄でした[ハートたち(複数ハート)]
コピー ~ 20050703 059.jpg  コピー ~ ホッペ.JPG
クッキー(♀)レッドアイ・アルビノ  ホッペ(♂)オパーリン・グリーン
エサを吐きもどし与えたり、羽の手入れしてあげたり[グッド(上向き矢印)]
子育てしたこと無いのに、エライ[exclamation×2]

以降、チョコは食いっぱぐれることなく、食欲旺盛なメタボインコになりました。
それは、それで問題[バッド(下向き矢印)]

ちなみに・・・
育児放棄した母インコは、こちら↓
コピー ~ KIF_6272.JPG
チッチ (オパーリン・コバルト・バイオレット)

お呼びするときは 「チッチさん」 と、言います。
滅多なことでは噛みません。どちらかいえば、睨みをきかせ存在感で圧力をかけるタイプ。
夫の前では3歩後ろを歩き、したたか[黒ハート]
4男1女を孵化させたチッチさんが育児放棄した理由 ・・・ グリーンは嫌い[むかっ(怒り)]

↓育児放棄されたオパーリン・グリーンの2羽
チョコホッペ.jpg
チョコ(左) ホッペ(右)
その他の3羽は、過保護なほど育児してました。
自然界の掟は、強い個体が優先。チッチさんは、カラー優先[たらーっ(汗)]
人間には、グリーンに見えるけどチッチさんには何色に見えていたのか定かではありません。
他に理由があるのなら、いち鳥飼いとして教えて頂きたいものです。

[わーい(嬉しい顔)]Nario

背黄青鸚哥-プリン [小鳥のいる暮らし]

セキセイインコのプリン[るんるん]

KIF_6163.JPG
イエロー・パイド・グリーン 7才 ♂
自宅繁殖の二期生長男、獣医も認める健康優良インコ。
性格:深く考えず本能のまま

プリン-チークタイザー.jpg
チークが珍しいタイザーなんです[手(チョキ)]
左が白(父親似) 右が青(母親似)

特技は・・・なんと仮病[exclamation&question]
嫁の争奪に負けて足を痛めたフリしました。
小鳥は、足を痛めるとビッコひいてあるいたり、痛めた足をフラミンゴのように隠したりします。
プリン君の場合は、脱臼したように足を真横に出して暴れてみせます。
初めは驚いて小鳥の病院へ連れて行きましたが、先生に「何も痛めてませんね。レントゲンも異常なしです」と、キッパリ!
見れば病院へ行くまでは足が横に向いてたけど、着いたら足は元の向きへ戻ってました[たらーっ(汗)]
先生によれば、仮病したのは自宅で馴れた環境だから ”降参” の意味が強いらしい。
自宅以外では衰弱を意味するのでやらず、病院の方が怖い気持ちになったのでヤメタと思われます。

20050424 064.jpg
結局、プリンの仮病で夏目漱石さんが財布から一人消えた[バッド(下向き矢印)]
先生には「本当に足が横でしたか?」と何回も聞かれるし・・・証拠写真を撮っておくべきでした。

そしてプリン君は・・・?
何事もなかったように元気に散歩(放鳥)して、求愛ダンスに励んでいます。

[ふらふら]Nario

背黄青鸚哥-モモ [小鳥のいる暮らし]

セキセイインコのモモです
201106020002000.jpg
オパーリン・コバルト・バイオレット 3才 ♀
お年頃の女子(巣引き拒否中)[あせあせ(飛び散る汗)]
性格:獣医も驚く筋金入りのビビリ

200801070041003.jpg
お愛想で手に乗ってますが、怖くて腰が抜けてます[あせあせ(飛び散る汗)]
見たことない物、洋服、人など目にすれば、硬直し鳴きもせず現実逃避[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
「モモは居ません。居ません。」と、念じて石造のように動きません。

201107120147000.jpg
↑先日、左翼に肩あたりにできた腫瘍を切除しました。
手術は成功したのですが、入院生活が耐えられなかったようです。
担当医によれば「環境ストレスにより、衰弱がみられるので迎えに来て下さい」とのこと。
んっ[目]どういうこと?
モモの言い分[黒ハート]知らない所、知らない人、知らない鳥ばかりで怖いから...食べません、水飲みません、動きません、鳴きません
そんな入院生活を3泊4日した結果、強制給餌され余計に怖い思いしてたそうです。

NEC_0258.jpg
自宅へ帰ったら大好きなチョコちゃんを発見[揺れるハート]
超安心 = お腹空いた[exclamation×2] = 元気一杯[グッド(上向き矢印)]
頑固だけど単純で手が掛かるモモ姫、今回はお金も掛かりました[病院]

ちなみに[ひらめき]小鳥の手術で不安なのは「麻酔」と「失血」。
麻酔は、全身の吸入麻酔。覚醒するまで安心できません。
失血は、輸血が出来ないため。術前検査で血液の擬古検査をクリアしても安心できません。
モモも怖い思いしたけど、飼い主も肝を冷やす思いでした。

[ふらふら]Nario

小桜鸚哥-ラブ子 [小鳥のいる暮らし]

小桜インコのラブ子です。
ラブ子-ブランコ.jpg
ピーチ・フェイス・オリーブ・パイド・イエロー 10才 ♀
肝機能低下で通院投薬中です。
血液検査でAST/GOT、GGT、TCHOが高数値、アンモニアが低数値と分かり肝疾患と診断されました。
あとクロアカという部位に腫瘍があります。(クロアカ=肛門の内側あたり)
性格:私と母以外は、全て敵だと思っている

201101262155000.jpg
↑そのクロアカが気になってイジッたら、出血したときの処置です。
ちなみに、超ぉ~怒ってます[むかっ(怒り)]
小桜インコは、大好き か 大嫌い しか判断しないのでインコ飼うには中上級ですね。
噛まれると本気で痛い (;><) 飼い主の忍耐が問われます。

200802051208000.jpg
↑これも怒ってます[むかっ(怒り)][むかっ(怒り)]
ハコベの茎でなく、蕾だけを食べたいそうです。
何を怒っているか分かってしまう自分が怖い[たらーっ(汗)]

[わーい(嬉しい顔)]Nario

背黄青鸚哥-キィちゃん [小鳥のいる暮らし]

セキセイインコのキィちゃんです。

きぃちゃん-ラーメン.jpg

レッドアイ・ルチノー 1才 ♂
少々胃腸が弱い、お子ちゃまインコ。
性格:好奇心旺盛、怖いもの知らず

旅行帰りにフラッと立ち寄った川崎の百貨店からお迎えしました。
購入する気持ちは無かったけど、見せてもらってたら
キィちゃんが勝手に「ボクお買い上げぇ~♪」と箱に入ってしまった。
店員さんも「何だか買われる気みたいですよ」と言うもんで・・・「この子、頂きます」と言ってしまった[あせあせ(飛び散る汗)]

翌日に小鳥の病院へ行き 「健康診断」[病院]
予想通り・・・メガバクテリアなど怖い菌を持っていた[どんっ(衝撃)]
それから4ケ月もの間、他の小鳥とは別の部屋へ隔離
2週に1回通院、投薬、血液検査・・・手間暇かけて、お金もかけました[ダッシュ(走り出すさま)]

お迎えした日は、こんな感じ ↓ 生後2週間くらい
201004211836000.jpg
ぶちゃいく (;ーー)/

生後1ケ月、手の平が大好きでだったころ↓
きぃちゃん-イチゴ.jpg
こうなると、1時間は動けない[バッド(下向き矢印)]
珍しく、足を伸ばして寝るタイプ

最近は、求愛の「ダンス」と「お歌」を練習中です。
お相手がいないのにね。。。残念

[ふらふら]Nario
小鳥のいる暮らし ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。