So-net無料ブログ作成
検索選択

里山の春、出会いの季節 [季節の便り]

日々 街中で仕事をしていると、季節のとらえ方は

「アッチーな」とか「ジメってる」とか 直接身体に現れることばかりで表現しがちだけれど、

せっかく四季二十四節気に恵まれた日本で暮らしている我々、

もっとセンスある表現をしてみたいもんですね。

自然の中で生活している植物や動物は ほんの些細な変化も敏感に感じ取って行動する。

それを目で耳で感じることこそが 自然観察の楽しさだと思ってます。

で、いつものフィールド青葉区寺家に 夜明けとともに出没[晴れ]

DSCF3739.JPG

自然が豊かと言ってもそこは横浜市、休日にはたくさんの人が押し寄せているので、

ここの生き物は ちょっとばかり神経質で気難しい 釣り用語で言うと スレています。

4月頃から この里山では 2種類のカエルが鳴きはじめる。

シュレーゲルアオガエル(こんな名前だけど、れっきとした日本固有種)とニホンアマガエル

産卵の時期が早いシュレーゲル(以下サトアオガエルと命名)は 水を張り始めた田んぼの周辺

田植えの時期に産卵するアマガエルは、奥の林の中。

気候の変化だけでなく、人間の営みまでも感じて、産卵行動を起こすんです。

でも 盛んに声はするが、姿を見ることはめったになく、これが、他の地域なら

簡単に見つけられたりするんだけど。。。    ・・・寺家のカエルは ほんとうにスレている。

そんな中でも のんきというか とってもオープンなサトアオガエルのカップルがいました。

DSCF3732.JPG

あらあら、恋の季節とは言うけど、周囲をはばからず大胆に、、 なんとも微笑ましい[黒ハート]

この光景もこの先、ずっとずっと残っていてもらいたいものですね。

20年前にはまだまだいた 希少種のホトケドジョウ、

それに、コオイムシ、タイコウチといった水棲昆虫達、いまは全くみかけません。[もうやだ~(悲しい顔)]

kotaro[眼鏡]


同窓会ですか? [スタッフの旅行記]

GW、大学時代の仲間と箱根で一泊[いい気分(温泉)]
宿のおかみさんから「いいですねぇ 同窓会ですか?」と 
 「はい 大学のクラスメイトです」
   「あらぁ」 

大学の仲間といって思い浮かばれるのは、部やサークル、ゼミ、
大学でクラスとは よほど予想外だったらしい反応 

そんなクラスメイト達ともう35年の付き合いになる。
毎年 2、3回 GW、夏休み、正月と 飲み集まりはあるが
揃っての旅行は ほんと久しぶり
当初12人の予約も、GWの真っただ中 最終的には皆勤賞のメンツばかりの7人

3日11時という 午前中に箱根湯本駅の集合にしたのも、
飲み食いだけじゃないぞと、それぞれ企画を持ち寄って。。

初日は
 まずは 箱根の歴史と風俗を「箱根町郷土資料館」で学び
 芸術と文化については「彫刻の森美術館」で吸収する。[リゾート]
彫刻の森.JPG
   ピカソ館だけで充分盛り上がる

日頃運動不足の面々には 充分過ぎる運動量をこなしたため、
早々に、今夜の宿 箱根宮ノ下温泉「晴山荘」へ
旧箱根御用邸を改築・移築した由緒ある建物で、今回の大人旅には最高のロケーション

大広間には お宝鑑定団に登場しそうな美術品や工芸品
それらに囲まれても いつのまにか大学時代のノリへ
ごちそう.JPG
他のお客さんは早々に各部屋に退散したのか  いつの間にか我らだけ。。

翌日はGWの混雑を予想して、登山鉄道、ケーブルカーなどで
移動する計画だったが、
多数決により、運転手以外が楽チンな車移動

クラフトハウスで陶芸教室に参加し、各個人の芸術的センスを披露しあい
おじさん.jpg
  作者自画像

陶芸1.jpg
  独創性は求めず

次に箱根といったら 絶対に外せない大涌谷へ
しかし案の定、大涌谷に向かう道は 渋滞どころか 駐車場状態[ふらふら]
富士山の絶景をあきらめ、Uターンして元箱根へ

箱根神社、東海道杉並木、箱根関所 と 大人旅らしく 歴史にも触れ
楽しくも とても充実した2日間になりました。
杉並木.jpg
ヒザが開いたオッサン歩き

九頭竜様.jpg
最強のパワースポット 九頭竜様
   
 

焚き火考 [アウトドア]

焚き火が好き[揺れるハート]
炎を見ていると なんだか落ち着いて

でも 最近真面目に焚き火してないな
と、思うと 居ても立ってもいられなくなって
家にストックしておいた 木プランターや壊れた椅子テーブル
などの廃材を車に積み込み  ふらっと いつもの群馬

焚き火といっても 昔と違い 気軽に出来る場所は少ないし、
かと言って、キャンプ場のような 整備されたところでやっても
焚き火の心は伝わらない。

いつものところは 月夜でなければ漆黒の闇となるような場所
明るいうちに着かないと ちょいとばかり危険

今どきのキャンパー御用達の「焚き火台」なんてシャレたものは無く
道端で拾った 錆びたスチールホイールで 直火のダメージを抑える

0416fire.JPG
  けっつまずきとヤケド防止のため ガソリンランタンは 必需品

焚き火との時間を楽しむために 仕入れたものは やはり地元のビール[ビール]
ま それにプレミアムモルツは いつでもどこでも 
jibeer.JPG


野宿の楽しみは、一人で色々と考えながら 夜の闇の中を照らす火を見ながら酒を飲む。
火というのは不思議なもので、闇の中での明かり、熱源という物理的な効用はもちろんだが、
なぜか人間の心を安心させる(ような気がする)
きっと遠い祖先が原始の時代に行っていたことが DNAにinputされているんだろうか。

でも、オートキャンプ場のように 外灯が点き、そこかしこで嬌声や歌声が聞こえ
そんなところでは、いくら焚き火を眺めていてもちっとも心は落ち着かない。

野宿の食事は そんな凝ったものは必要無い(暗いので出来ない)
群馬と言ったらネギにきのこ類
それなのに 日本一鶏肉消費が少ない群馬県で(確かケンミンshowで)
焼き鳥!

それは 我が自慢の逸品 "日本唯一"の珪藻土切り出しの 丸和の七輪(国宝もの!=マジで)

maruwa.JPG
炭は 紀州備長炭といきたいところだったけど、 去年の台風で生産地の和歌山が大打撃を受けて
  品薄で手に入らず やむを得ず 岩手の楢炭


焚き火を眺めながら、焼き物を焼きながらビールを飲み
ビールが終わったら、 これまた 炎とベストマッチな バーボン
borvon.JPG

なぜだか、野宿でのバーボンは ほんとに美味しいし、クイックイ いっちゃう

[ひらめき]と ここで、小ネタを一席
お手持ちのウイスキーのボトルをご覧になってください
   スコッチや日本のウイスキーは WHISKY
 ところが、 バーボンウイスキーは   WHISKEY なんですね ^^[ひらめき]


足元アッチッチで目が覚めたのが 2時頃なのかな?
焚き火を 熾火にし、ランタンを消すと 月が出ているのに関わらず 空は満天の星空
 これ これですよ 野宿の魅力は ☆☆★☆★

翌朝、日の出とともに起きて、小鳥のさえずりの中 散策したり、山菜採ったり、釣りしたり と
アクティビティは目白押し    のはずだった 。。。。

が!

頭ガンガンで 目が覚めたのは なんと!すでに 太陽も昇りきった 10時半!
 じぇじぇじぇーーっ 何やってんだ 俺 ヽ(゚jjj゚;)ノ

親戚廻りという目的もあったので、あまり長居は出来ず 昼過ぎに里に下りてみると

なんと 熊出没注意! の看板が ぁぁぁ[どんっ(衝撃)]

ま、野生動物を寄せ付けない というのも 焚き火の重要な効果も あるわけですし。。

 KOTARO[眼鏡]









タラの芽 春巻 [季節の便り]

CIMG1525.JPG

たらの芽と言ったらぁ ⇒ 天ぷら 確かに これ定番
今年も 気温の上昇とともに一気に芽吹いてきた 裏庭の主タラの木
これを
どなたかのブログだったか?テレビだったか?新聞だったか?
ここ最近容量激減の我がメモリには すでにネタモトは不明だけど

今年は タラの芽を 春巻き! にしました

春の恵みのたらの芽を 春で巻くという 春の二重奏!
 はて? なんで春巻きを春まき って?  SPRING ROLL??
(あとで wikipeするとして)

まずは、裏庭のタラの木から ちょうどいいのをポッキリと
CIMG1532.JPG

丁寧に洗って、春巻きに巻けるサイズに揃えます。。
CIMG1533.JPG

で 第1のポイント[ひらめき] 春巻きに巻く前に スライスチーズ肌着を着せて
CIMG1534.JPG

そして 春巻きの皮を ぐるっと そして ぎゅぎゅっと
CIMG1536.JPG 

で 第2のポイント[ひらめき] 揚げ油は オリーブオイル もちろんエクストラバージンさ
 165℃の低温で じっくりっと
CIMG1537.JPG

時間は分からないが、キツネ色のちょうどいい加減になるまで 揚げる
[猫][猫][猫]
・・・ところで なんで キツネ色って表現? 確かにネズミ色ってのも 印象悪いけど...

さ~て 出来上がった

 プレミアムモルツをグラスに注いで   「いただきます」[わーい(嬉しい顔)]
CIMG1539.JPG

KOTARO[眼鏡]

乗り鉄、撮り鉄、追い鉄  顛末 [鉄道ライフ]

その1年も前から照準を合わせていた鉄イベントとは
蒸気機関車(SL)の聖地「大井川鐵道」のSL3往復

国鉄からSLが全廃された昭和51年、
その年に国鉄から1両のSLを譲り受けて以来、
6両のSLを整備復活させ(現在は5両)営業運転を始め、 
現在も ほぼ毎日SLを営業運転している 保存鉄道の優等生

DSCF4141.JPG
C10 8  昭和5年製造の 大井川最古参  H12.5.2 家山駅にて 
TVドラマとかでSLが出てきたら、間違いなくロケはここ
 
  「あ~もう37年になるんだなぁぁ」
  「高校1年の時、部活のクビを覚悟で伊豆の合宿を抜け出して
   会いに行ったっけなぁ」
  「今まで何回通ったんだろ?」   と 思いが巡る

5両が生きている強みで、たまに2往復させたりするんですが、

毎年、4月の桜まつりに合わせて3往復させるのが恒例。
春休みなので、平日でも景気よく走らせちゃう ってわけ。

各地でSLが復活し、イベント運転している線区数多かれど
ほとんどが1車両での運転なので1往復が当たり前

それが 3往復で しかも旧型客車を牽引するなんて
もうこれは まさしく現役当時の彼らの姿

考えていたプランは、
①東名高速、新東名を 制限速度で激走し、島田金谷ICへ
 新東名のこのICは、なんと大井川鐵道の真上、
 まさにSLファンのためのIC!
②そこから家山駅に向かい車を置く(駅構内はバカ広いので 駐車は自由)
③9:06家山発の普通電車で9:33新金谷着
④新金谷9:57かわね路11号(SL列車)に乗車して 乗り鉄
⑤家山着10:25 この列車は家山止まりなので、車に乗り換え
⑥あとの上り列車2本を終着手前の青部あたりまで追っかけながらの 撮り鉄&追い鉄
⑦ほどなくやってくる下り列車は、国道ではなく線路に沿っている県道を
  SLと並走し、撮影はフロントガラスにセットしたドライブレコーダーにお任せ
⑧そのまま車庫のある新金谷まで戻り、仕業を終えた彼らにねぎらいの言葉を掛け
  (ヤバイ もはや常人には理解不能か。。)

  30年くらい前は 大井川沿いの道も狭かったり未舗装だったりで
  しかも狭い県道にも大井川の砂利を運ぶダンプが多く
  追い鉄もかなりハードで、今思えば 命知らずだったなと、
  でも 最近は道も広く整備されたし、追い車の性能も上がったので 楽チン。
  SLとの並走なんて、ここ大井川でしか出来ない芸当ですよ。。

 1日目は 笹間渡鉄橋下の河原で たき火しながら車寝して
 2日目は、おもむくまま自由に 乗り鉄、撮り鉄、追い鉄 するはずだった

あ~あ それが  1年待ったその計画が
4月2日、3日と大雨 ;;;;; 
 それでも 決行するつもりでいたんだけど、ぉぉぉ、、、

しかし、山間を走るこの鉄道、大雨の土砂崩れで線路が埋まったりしたことも過去何度か
それに、大雨でSL運行が休止(鉄用語ではウヤと言う)になったら目も当てられない。。

結局 (仮想)「乗り鉄、撮り鉄、追い鉄」 となってしまった いう次第でした。

JR東日本では SL銀河鉄道」としてC58の復元作業を 今まさに大宮で行なっていたり、
2年前には まさかのC6120の復活、
その他 磐越西線のC57に、真岡鐵道、秩父鉄道 
上越線がメインなデゴイチよく走る(D51498) と
SL走行路線は目白押し、  
   なのに  最近 とんと彼らに会ってない

でも、本音を言うと、 彼らには会いたいけど、
その彼らに群がっている真性鉄ヲタ諸氏
の高いレベルとは並走できない自分としては
 やはり平日イベントですね 

 by KOTA・TEZ










乗り鉄、撮り鉄、追い鉄?  プロローグ [鉄道ライフ]

最近、鉄道を趣味とする人達が そうでない人達から
”鉄道オタク(略して鉄ヲタ)”と やや蔑んだ言い方をされていることに
心を痛めています。[もうやだ~(悲しい顔)]
ちょっと前までは”鉄っちゃん♪”、”鉄道ファンの人”、”鉄道マニアの方”と
尊敬さえもされる言い方をされていたのに、、 どうして?[がく~(落胆した顔)]
ま、その理由は 心当たりがあることがたくさんありますが 。。[ふらふら]

さて、私コタロウは「鉄道ファン」です。

きっかけは 大阪万博のついでに寄った奈良駅での蒸気機関車(SL)との出会い
あの日から今日までSLやELを追い求め、42年。
ま、車ほどでは無いけど、なかなか筋金が入ったファン歴だと自負してます。

ただ、6年前に不動産業界に身を投じてから、土日が勤務。
鉄道のイベントは土日がメインのため、この6年間の鉄分補給
(こういう言い方をすると、やっぱり鉄ヲタだ と言われてしまう) 
実地でなく、もっぱら文献(かっくいい!)インターネットが源
しいて実地と言えるのは 廃線跡などの遺構巡りくらい
机上ばっかりで 欲求不満がMAXになり
これじゃぁ それこそ お宅になってしまうわい 
 と 危機感が募っていたところ、今までの不満を払しょくできるイベントが
なんと 我々が休みの火曜水曜にあったんですね。
    ・・・・実は1年近く前から照準を合わせていたのさ。。
 
   で そのレポートは 次回 ということで  

by KOTA・TEZ







文字通り ゆるゆるな [アウトドア]

去年チャレンジした浜名湖一周78kmは
  ~レースではありません。ゆっくり走るサイクリング大会です~

・・・・ところが、その現実は、
時間制限あり アップダウンふんだんのハイレベルなコース
しかも強風雨の中の過酷なレースで、タイムアウト寸前でゴール

「今年はそのリベンジ!」 
                 というのがフツーの流れ  ですよね。。

ところが、リベンジに燃えているとばかり思っていた友人からの出走指令は 
 ゆるゆる遠州ガイドライド ユルユルtop.jpg

ステージアップ、いや せめてリベンジ  の期待を見事に裏切り[バッド(下向き矢印)]
 こともあろうか ”ご当地ゆるキャラと走ろう!”的なネーミング

「姉夫婦も参加するから」という彼の言い訳に 無理矢理納得させられての参加

新東名のおかげで、掛川市役所7時半集合にも 余裕の到着[車(セダン)]

「ガイドライド」とは、ガイド付きの少人数制サイクリングツアーで、
日本では初めての試みとのこと   つまり観光チャリツアー

コースは掛川市役所から遠州灘まで南下して戻ってくる55km

途中、 メロン農場・銀座千疋屋直納の苺屋・キウイフルーツカントリー と
ご当地おすすめのフルーツを おもてなしされたものの
バスツアーと違って 自転車じゃお土産を詰めないので 誰一人買わないという 
なんとも 農園には申し訳なく、こちらとしても不満が残るシステム

コース自体は、終盤約15kmのノンストップがあったものの、
登り坂以外は、ほとんど先頭のガイドと併走できたほどの ゆるゆる度
yuruyuru2[1].png
  浜岡原発を遠望する 歩行者専用潮鶴橋にて
走り終えて、気付いたことは、ゆるゆるだったからなのか、
参加者の年齢層が高く、去年の浜名湖と違い 風貌面では全く負い目も感じなかったこと。
ただ、シニアサイクリスト達のマシンが高価そうなこと!この点では思いっきり負い目を感じた。

詳しい彼が言うには、 ブレーキシステムで10何万、ボディで20数万とか
つまり30万、40万の自転車がズラリ
こちとらの オークションで8000円の見せかけローバーとは 大違い

そう言われてみると、ツアー中、そこかしこで マシン談義が花開いていたけど、
誰一人として、俺のマシンに声を掛けてきたのがいなかったわ
    当然か。。

何はともあれ 楽しく完走!
yuruyuru1[1].jpg
   
まともな走行画像は これのみ

一番盛り上がっていたのは、ツーリングイベントに初参戦した友人姉夫婦
折りたたみのミニバイクで参加したにも関わらず 全くへこたれて無く
「今度6月に軽井沢でレースがあるの~、行きましょうよぉ」と
すでに心は次の戦いに。。    
 おい弟よ、 太ももマッサージしてる場合じゃないぜよ! 

   KOTARO[眼鏡]









ナリオットvsスマホ [スタッフの休日]

スマホを買いました。
私は、慣れ親しんだ携帯電話で十分だったのに押し切られました[ふらふら]
↓ナリオットが買いたい理由
理由その1:仕事場の若い衆が、スマホだから。(あなたは、若い衆じゃありません)
理由その2:画面をピッピってやってみたいから。(フリックのことか?)
理由その3:みんなスマホだから。(みんなって、いったい何人??)

動機が不純...でも諦めないので条件を出しました。
条件その1:スマホは携帯電話というより、PCに近いのを理解すること。
条件その2:一度説明した操作を、何度も聞かないこと。
条件その3:「やっぱり、買わなきゃよかった」と、言わないこと。

購入後、焼肉屋で無言でスマホをいじる夫婦。
10分後・・・
「ムリ!さっぱり分からん!」と、先に白旗を上げた私 (;--)/ ギブッ

「・・・じゃ、俺も分からないかも♪」と、ナリオット
私が先に言うのを待ってたな (++*)

その後、スマホで夫婦喧嘩が勃発したことは、言うまでもありません[ふらふら]

Nario
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

わしは、ピー助じゃ [小鳥のいる暮らし]


妹宅からピー助爺さんを預かってきまいした(黄ハル♂)
たしか12才くらい、人間でいうと90歳過ぎたあたり[わーい(嬉しい顔)]数日間、お泊りです。

我が家に到着して、まず偵察に来たのはキィちゃん(2才♂)↓
DSC_0086.jpgDSC_0087.jpgDSC_0088.jpg
器用にカゴを滑り落ちて正面で「ホヨッ♪」、10ケ月ぶりの対面です。
お爺さんと孫ぐらいの年齢差です。

放鳥中、視察に来たのは蓮くん(6ケ月♂)
DSC_0104.jpg
特に関心は無いようだが、ピー助爺さんの尾羽を狙っているようです。
こちらは、玄孫(やしゃご)ぐらいの年齢差になる。。。

気付いたら、みんなに詰め寄られて困るピー助爺さん
DSC_0112.jpg
いつも、一羽だから群れて嬉しいような、騒々しいような
困って私の頭に飛んで助けを求めてきます[ふらふら]

みなさん、お年寄りは労わりましょう。

Nario[わーい(嬉しい顔)]
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ナリオットvs新聞屋さん [スタッフの休日]

Narioです [わーい(嬉しい顔)]

今日から、ナリオット(Narioの夫)の珍事を紹介します。
一応、堅い仕事に就いていますが、顔と言葉使いは、ソノ道の人っぽい。
だから、初対面の人は殆んど、避けます、逃げます、降参します ((((( ・ ・;)

ある日、我が家に新聞屋さんが勧誘に来ました。
半年に1回、A社とY社の新聞に変更するナリオット。
その度に洗剤など、お願い(丁寧に言うと)しているみたい。
「まぁ~勝手にどうぞ、私に害が及ばないように」だけ頼みました。

新聞屋さん 「集金に来ました[exclamation]
私 「朝刊しか頼んでないのに、夕刊が続けて入っていたけど・・・大丈夫?」
新聞屋さん 「はい。ご主人さまより指摘があったので、今は入れていません。」
私 「ってことは、この料金は朝刊だけですよね?」
新聞屋さん 「・・・はい。」
その間が気になる[目]
私 「それならいいです。ただ、主人が怒っていたから気になってね」

と言った瞬間、新聞屋さんは後退しいく[あせあせ(飛び散る汗)]「入ってません」
また、一歩下がって「入ってませんから[たらーっ(汗)]
「本当に入ってません[ダッシュ(走り出すさま)]」と呪文のように呟いて帰って行った。

何でしょう、アノ慌てた様子は[がく~(落胆した顔)]
「主人」と言っただけで、そんなにビビることもなかろうに[バッド(下向き矢印)]
本当はね[わーい(嬉しい顔)]焼き鳥1本さえ、値切ることも出来ない人なんです[るんるん]

Nario
http://sunhomenet3221.com/index.html
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。